記事一覧

雪降り中

今年はあまり寒くないのでダッフルコートの出番がほとんどないのであります。


ファイル 185-1.jpg

いやー降った降った。予報通りの雪であります。
朝起きた時点で 4センチくらいの積雪です。
とりあえず朝の散歩にGO

ファイル 185-2.jpg

柴犬はこの程度の雪などものともしない・・というより喜んでる

ファイル 185-3.jpg

スポルディングのスノーフィールドの出番であります。
滑らない・中がぬれない・つま先まで温かい。これはいい。

ファイル 185-4.jpg

道路にはシャーベット状の雪。夏タイヤだと危ない状態。
というか、なんでそんなとこで寝るの?

ファイル 185-5.jpg

「ほれ、行くぞ~」と言うともっと寝ていたくてこの顔


平らなところで少し遊んでやります

こちらが構えると真剣な表情に。
いつもはここからバッ!と走り出すのですが・・

カメラに飛んできた(汗)

クルマの電池

「買い物まだ~?」
東急ストアで買い物の途中、ヨメ様にメールで呼ばれた。

駐車場に戻るとクルマの前でうろうろしている。
どうやらスマートキーの電池が切れてドアが開かなくなった模様であります。


スマートキーの電池は電気屋さんにはあまり置いていない型番、 CR1632 です。
そこでアマゾンで買おうかと思ってアクセスしたら、商品はたくさんあるけれど
送料を入れると微妙に高い。10パックのようにまとまれば単価は下がるけれど
そもそもそんなに多数必要なものではないし。



そこで「ヨドバシ」の通販をチェックしたところ、送料無料・税込 211円でした。
パナソニック・マクセル・ソニーの製品が売っています。
バルク品のバラしではなくちゃんとした製品を通販で買うならヨドバシが最安かもしれませんね。
(価格はけっこう変動します)

パナはインドネシア製、日立は日本製、ソニーは不明ですが SONY公式サイトの製品写真では
JAPAN の刻印があります。どれでも良いのですが、今回はパナ製を入手してみました。


用意する工具は小さなマイナスドライバー。

ロック・アンロックの右下のボタンはトランクを開けるボタン。
とはいってもドアのスイッチかトランク付近についている開スイッチで開ける方がはやいから
トランク開のボタンは使ったことがありません。

ちなみにトランクは電気的に開けられますが、閉めるときは自動ではなくて手で閉めます。
そのときはそっと閉めて一段目が軽くカチっと噛めば(いわゆる半閉の状態)あとは自動で閉まります。

ドアも半ドアまで閉めればすっと自動で閉まります。ミニバンについている半ドアから自動で閉まるスライドドアのオートクロージャー、アレと同じです。

話をもどして。トヨタ系スマートキーならボタンの機能や外観が変わってもたぶん電池は一緒でしょう。


さて、まずスマートキー本体の分解です。
スマートキーについている簡易キーを引き抜き、丸で囲った穴にマイナスドライバーを差し込んで
くるっとひねるとケースのフタがパカっと開きます。



中の黒い送受信ユニット基板を外すと裏側に電池があります


黄色い丸で囲った穴にドライバーを差し込み、白い矢印方向に押してやると電池がとれます。


取り外した電池と新品を比較してみました。
左の新品には「49」、右の古い電池には「06」という刻印が見えます。
刻印の1の位は製造月。10の位が製造年で、たとえば 4 なら、2010 + 4 = 2014年です。

刻印から、新品は 2014年 9月製造、旧品は 2010年 6 月製造とわかります。
およそ4年半で寿命が切れた計算ですね。

ちなみに 9月以降の場合の製造月の刻印は 0=10月、Y=11月、Z=12月となります。


カード型のキーもついているクルマの場合、その交換電池は CR2412です。
この電池は一般消費者向けの製品としては販売されていないようです。

こっちは昨年交換してあるからまだしばらくは大丈夫でしょう。
アマゾンの他、秋葉原の秋月電子通商に 300円で売っていますよ。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gB-03734/

靴いろいろ

石ころだらけのこんな場所とか

草ぼうぼうのこんな場所とか

とにかくそこらじゅう突進するので

ファイル 183-1.jpg

不整地や悪路に強そうな靴を買いました。
リーボックの軽トレッキングシューズ、ワンソーカット GTX です。

ファイル 183-2.jpg

防水透湿のゴアテックスであります。

ファイル 183-3.jpg

いかにもオフロード風なソール
実際河原の石場では良くグリップします。
ただしブロックパターンで接地面積が少ないため濡れた石畳やタイル床は滑ります。
街歩きならトレッキングシューズではなくウォーキングシューズがおすすめ。

お値段は定価 10,260円のところ、税込特価 3,078円。
新規会員登録でここからさらに 15% オフ。
ゴアテックスでこれほど安いのは珍しいと思いますよ。

リーボックの公式通販で扱っていますが、もうサイズがあまりないかも・・
(リーボックは幅が狭いので 0.5~1.0cm 大き目がおすすめ)

ファイル 183-4.jpg

今年の冬に備えて揃えた靴たち。

去年の大雪ではちゃんとした雪靴がなく、えらい目にあったので早めに揃えました。
スニーカーで屋根の雪下ろしは危険すぎますから。

左がスポルディングのスノーフィールド SF-120、右がスノーフィールド SF-122。
スポルディング=東京新宿のアキレス株式会社です。

左の SF-120 は積雪時のワンコ散歩用。寒冷期の普段履きにも使えます。
夏場はたぶん暑くてダメでしょう。 SF-122 は高機能長靴として雪かき用に。

ファイル 183-5.jpg

ガラス繊維配合のラバーソールであります。
どちらも水分を吸収して発熱するインソール(抗菌・防臭・発熱)を採用しています。
ヒートテックみたいなものでしょうね。
これで去年よりはだいぶマシな装備になりました。

ユニクロあれこれ

ファイル 182-1.jpg

ワンコの冬場の散歩用の服の話。

今は換毛期じゃあないですが柴犬は毛が抜ける。そして服にくっつく。
なのでセーターやコットンの服を着ていると悲惨なことになります。
加えてワンコは真冬の地面でもまったく平気で歩きますが、人間の方は足が冷える冷える。

そこで
・冬場でも暖かい素材
・毛が落ちやすい素材
・散歩用でラフに扱っても気にならない価格

という条件で、ユニクロの「暖パン」ウォームイージーパンツを買いました。
街歩きするわけじゃなく、山道や河原を走り回るのでこれで十分であります。

買ったのはウォームイージーのリップストップタイプ
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/128475

と、ウォームイージーカーゴ
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/077563

通常価格 1990円、今は処分の値下げで 1,290円と安くなっていますが
これが日替わりでさらに安く 990円ででていたので何本かゲットしました。
うーん、990円なら買いですよ。


リップストップのほうが生地は良いですが摩擦で毛玉が出ます。その点ポリエステル100%の
ウォームイージカーゴのほうが毛がつきにくく、ついても落としやすくかつ荒く使っても
毛玉になりません。両方ともに裏地はフリースで真冬でも非常に暖かく、タイツ類は不要です。

ファイル 182-2.jpg

ウェスト 73 なのでサイズ的にSをチョイス。
こと服に関しては実寸がすべて。SやM等の表記はまったくアテになりませんね。

そんでもってタグの「+消費税」と書いてある部分のシールを興味半分にはがしてみます

ファイル 182-3.jpg

もう一層、黒い剥がれにくいシールがでてきました。念入りだなぁ。

ファイル 182-4.jpg

それを消しゴムでコシゴシ取り去ると、こんなのが出てきました。


なるほど。元々が 1896円・税込 1990円で売っていたものですか。
この表記の消費税率は5%。この税込価格をそのまま本体価格とし、
新たに新消費税8%を外税で加えてますねぇ。

ユニクロは 2014年の夏ごろに素材価格高騰を理由に5パーセントの値上げを行いましたが
もしかして切替作業の手間まで考えて旧消費税5%だったから5%上げることにした?

そうすれば「+消費税」という小さいシールを貼るだけで税込価格が本体価格になって
タグを付け替えずに簡単に値上げ完了ですからねぇ。

ともあれ、今は昔の税込価格にさらにまた8%の消費税が乗せられて売られておりますので
ユニクロは期間限定値下か処分値引価格のときしか買いませんが、レビューを見ると最近は
生地が薄くなったりシンプル(コストダウン)になったり色々あるようですね。
昔のカーゴパンツ等は値段の割になかなか良かったんですがねぇ・・

おまけ。
暖パンを買う前はカーゴパンツやジーンズの下にタイツでも履けばよいのでは?
と考え、ユニクロの「ヒートテックタイツ」を試してみました。

ところがこれがまったく暖かくない。いやむしろタイツ無しよりも「ひんやり寒い」。
表面が滑らかなので寒い空気がヒューヒュー対流して熱を奪う感じ。薄く空気層もないので
素肌のほうが産毛効果でまだマシなんじゃなかろうかというレベル。

これは基本的に汗をかくような運動をすれば暖かい、という製品のようです。
ただそういう状況だとヒートテックじゃなくても寒くはないわけで。。
うーむ。

なんとかならんかなぁと思っていたらヒートテックの革命的な着方を発見した人がいた…

http://d.hatena.ne.jp/Arufa/20141126


ファイル 182-5.jpg

カラビナ

ファイル 181-1.jpg

なぜ側溝を歩くですか


ワンコの散歩中に万が一リード(というよりチェーン)が離れるのを防ぐために
カラビナにチェーンをつないでベルトにくっつけてあります。
これなら両手を離しても大丈夫・・・のはずでしたが。。。

おやつダッシュ遊び

ぽい~っと(ちょっと遠くに投げ過ぎた)

一瞬でカラビナが破壊されました・・・

すると当然ながら

こうなるわけで。。

ファイル 181-2.jpg

ホームセンターでステンレス製の頑丈な金具を買って交換しました。

「TOUGH LABEL」と書いてあるカラビナが「カラビナ風」のアルミパーツです。
強度は登山用具とは比較になりません。単なるファッションアイテムです。
柴犬程度の小型犬でもこれを簡単に壊すパワーがあるので、油断禁物ですよ。


ファイル 181-3.jpg

さんぽ道

ファイル 181-4.jpg

遊びたい気まんまんの顔

年賀状

ファイル 180-1.jpg

年賀状を書かなきゃいけないんですが、全然まったく手がつかず

…まあ例年のことなんですけれども。

ファイル 180-2.jpg

来年はヒツジか・・ネタどうしよう。困ったなぁ。

などど悩みつつ iPad の「タヤスイスケッチ」で描いたのがこれ。

フリー素材にしますのでよければどこかで使ってやってください

2015の画像(1200pix)

以下は「画像右クリック→保存」で保存できます。

クリスマス

ファイル 179-1.jpg

クリスマスも終わったようなので

ファイル 179-2.jpg

片づけをして

ファイル 179-3.jpg

ひとやすみ

いやその、描くのが遅れただけなんですが...

ベランダ

朝の散歩は寒い寒い。霜が降りてます。


植木屋さんが入ることになりまして。
表から裏庭までぐるっと剪定してくれるのですが、問題は裏庭。
そこを縄張りにしているうちの柴犬が植木屋さんを追い払おうとするのは確実。

そこでわんこを2階のベランダに一時退避させることにしました。
家の中に上げたのは久々。裏庭より狭くてやることが無いようであります。


ふぁ~


ヒマ…

あ?


出せ~出せ~


おとなしくなった

半日ベランダに居たからだいぶ飽きた模様。

ジャケット染めに挑戦してみた

綿のジャケットは着ているうちに色あせて白っぽくなってしまいます。
そうなると一気にショボくなってしまいますが、かといってまた新品を買うのももったいない。

そこで染色に初チャレンジしました。
使うのはダイロンプレミアムダイ・ベルベットブラック。
青系をベースにしたブラック染料です。
40度のお湯で染められるところがポイント。

用意するもの。
・ダイロン、カラーストップ(色落ち防止)
・染め用のタライなど。ホームセンターで売っているBOXコンテナを流用しました。
・染料を溶かすボウルと泡立て器、ダイロン1袋に対し塩250グラム。
・場所は風呂場がベスト。給湯温度を 60度まで上げられるので、これを利用。

泡立て器で染料をよく混ぜます。今回はジャケット2着の予定で3袋使用します。

使う塩の量は 250g x 3 で 750グラム。
コンテナBOX にお湯を入れて塩を溶かしておきます。

染料を入れて染色開始。
長時間の染色でお湯の温度が下がってしまうので、ボウルにお湯を入れて
「逆湯煎」しました。ボウルのお湯がぬるくなったら熱いお湯に入れ替えます。
入替ついでに衣服をかきまぜれば一石二鳥。


■ご注意

ダイロンには袋を開ける目安のキリトリ線が印刷されています。
また、染色中はゴム手袋着用という注意書きもあります。

「染色中」=「お湯で撹拌するとき」と軽く考えて素手で開封し・・

そのままお湯の中に染料をサラサラっといれたところが・・


そのときに飛んだ染料の粉が手にくっつき、水分と反応して左手が染まってしまいました。。
「ダイロンの封を切る前」から手袋をしないとえらい目にあいますよ
付け加えると、キリトリ線で斜めカットするのではなく水平に全体カットして
中身を速やかに出したほうが汚れずにすみます。

最初によく混ぜたあとは漬けおいてたまにひっくり返せばOK

ところがかき混ぜることに夢中になって手袋がずりおちたのに気が付かず・・

今度は右手が染まってしまいました


■結果~

ファイル 177-1.jpg

洗いこんで白っぽくなってしまった黒いジャケットは見事によみがえりました。


ファイル 177-2.jpg

いまひとつ色が気に入らなかったカーキのジャケットを黒く染めました。


ファイル 177-3.jpg

けれど黒いジャケットばっかりになってもつまらないので、後日ダークグリーンで
軽く染め直しました。

一度黒く染めているので非常に深いグリーンになりました。
室内ではほとんど黒に見えます。光が当たると緑色がでます。
写真では強めの光を当てているのではっきりした深緑ですが、実際はもう少し黒っぽくなります。

ファイル 177-4.jpg

もう一着のカーキのジャケットも黒染しました。けれどこれが 3着目ということで
染料が薄くなり、写真のようにダークカーキになりました。
これはこれで良い感じではあります。

ファイル 177-5.jpg

そして軽く黒が乗ったところでダークグリーンで染め直し。
今度は非常に綺麗なダークグリーンに染まりました。

室内では黒といっても通じそうな黒深緑。屋外では綺麗なダークグリーン。
色味はユニクロのウォームイージーパンツ(左側がそれ)の「オリーブ」に近いですね。

1番目と2番目のジャケットの色比較。
左が黒ジャケットにベルベットブラック。
右がカーキのジャケット+ベルベットブラック+ダークグリーン。

綿は良く染まりますがポリエステルやナイロンの糸は染まりません。
なのでジッパーの横の糸は元色のまま。

綿の衣料ならかなり綺麗かつ簡単に染められることがわかりました。
さほど神経質にならなくても色むらはまず出ませんね。
服が簡単にイメージチェンジできるので、こりゃ良いですよ。

紅葉

裏庭でも紅葉
今年はあっという間に紅葉が終わってしまった感じですが。。

ファイル 176-1.jpg

母屋からみた向いの紅葉
(以下、クリックで拡大)

ファイル 176-2.jpg

ファイル 176-3.jpg

裏庭の紅葉を パナ DMC-GX7 + タムロンマクロレンズで。

ファイル 176-4.jpg

ファイル 176-5.jpg

FUJI XQ1 にて。
紅葉を撮ろうとしたらわんこが石垣にひょい!と上がってきたので1枚。
このカメラ、コンデジとは思えないほどよく撮れます。