記事一覧

チャリで来た

会社の方針が突然かわりまして。
マイカー通勤禁止になったのであります。4月から。


続き


そうなると何が困るかというと、交通手段です。
うちの近所のバスは20時過ぎると1時間に1本、22時過ぎるとほぼ無しという状況。
つまり仕事がちょっとでも遅くなると家に帰れない。

となると家から駅まで歩くのは遠すぎるから駅前の有料駐車場に自動車を停めて通う?
いやそれ自動車禁止だからまずいんでないか?
あと向こうの駅から会社まで夜遅くまでバスあんの?うーん。。

では自転車は?
天気がよければ多摩川サイクリングロードに出てひたすら会社まで漕ぐという
手もあるかな?どのくらいかかるんだろう。自転車ライトのバッテリーは持つのか?
うーん。。


とりあえずまあ、一回走ってみっか?
というわけで休みの日に家から会社まで自転車で行ってみることにしました。

使う自転車はこの前整備したキャノンデール黒です。
時間が無くて永谷園(C)のお茶漬けをかきこんだだけで出発。

空は曇り。たまに小雨がパラパラする天気。


そしたら途中で雨に降られ、マウンテンパーカーに雨粒がパラパラ当たります
多摩サイは全く人影がありません。そりゃそうだ。雨の中自転車で出かける
酔狂な人間などおりませぬ。

漕ぐこと3時間、会社に着きました。
公休日なのに会社にいる私にびっくり、チャリで来た私に目が点。

とまあ、ここまではよかったんです。

30分後、すぐUターンで帰らないと真っ暗になるので会社を出ます。

ファイル 259-1.jpg

会社を出て多摩サイに出るころになると、何故か足に疲れが出てきました。
空は暗いし、雨がいまにもまた降ってきそう。

ファイル 259-2.jpg

この時点の走行距離 69.4Km。

ここからが大変でした。
向かい風&雨。そして多摩サイのところどころにある洗濯板のような凸凹塗装。
ガガガガ…と乗るたびにモチベーションが削られます。
なんであんな塗装にしてあるわけ?それにしてもなんか疲れが急に来たぞ?

行きは平地で(人も皆無だったので) 28~33Km/h で快調に走っていた道が、
戻りは 20Km/h 程度までしか出ません。軽い負荷にも足がついてこない。

ここで気が付いた。

あ。お茶漬け一杯じゃぁエネルギーが続かないのか。。

ハンガーノックまではいかないにしても、身体がガス欠気味なのは確かです。
バックパックをあさって見つけたお菓子を食べてしのぎました。

その後はもう超ゆっくりペース。
風・雨そして夜の真っ暗な中、なんとか家までたどり着きました。
ライト(VOLT400) のバッテリーは大丈夫、明るさはもう少し欲しいけれど十分もちます。

往復6時間、102Km。エネルギー的に疲れた。。。
後日会社の人にえらく心配されました。
おまけに黒キャノンは雨汚れでドロドロです。特にブレーキシューの黒溶けが悲惨・・

多摩サイを使うと信号無しノンストップですから、自動車や電車の所要時間
プラス1時間程度で行けますね。

けれどあの洗濯板、そして道中何か所かある急坂をクリアする方法をみつけないと
絶対また撃沈される。。

そうか。
こういう状況こそ前サスがあってタイヤのエアボリュームがあって頑丈で
多少の悪天候にも強いアレ、さらには力で進まなくてもよいアレって最強じゃないか?

と、ひらめいたので早速アレを手配しました。

アレとは?

アレは週明けに届く予定です。届いたらレポートしますです。