記事一覧

フラットバーロード2

でっかい箱がきたー


続き


中身。
自転車のフレームであります。

少し前に白い中古ロードバイクを買い、これをフラットバーハンドル化しました。
これが想像以上に乗りやすく、TREKに乗る機会がなくなるという事態に。

この軽さと乗り心地(=走りが楽)を知ったらやっぱりカーボンだなぁと。
そんな時にたまたま良さそうなカーボンフレームを見つけて GETしたのであります。

これに決めたのはトップチューブが水平に近いデザインだったから。
今風のスローピングデザインも悪くはないのですが、やっぱり水平基調が好み。
でも値段が高すぎるのはパス。となればキャノンデールのバイクになりますね。

こちらは白ロードと違ってフレームのみ。コンポーネントやホイールなし。

これに TREK 7.4FX のパーツをそっくり移植するのです。
そう、アルミフレームからの脱却。
骨格はロード、それ以外はクロスバイクな自転車を作ろうというわけ。

タイヤだけ取り付けてみます。グラベルキング 26C、問題なく入りました

続いてパーツの取付。
リアは DEORE SLX + 10速ギア。MTB用のパーツです。

フロントは DEORE。これもMTB 用です。フレームは元々 BB30 用ですが
アダプターを入れてシマノクランクを使えるようにしてありました。

ロード用とMTB用ではクランクの幅が違います。無対策では数ミリ余って
ガタがでるのでパッキンとスペーサーを組み合わせてクリアランスを調整しました。

ブレーキは Vブレーキからキャリパーブレーキに換えないといけません。
ここは新品の BR-5800 を選択しました。中古もさほど安くないし。

装着完了。これを DEORE BL-T610 Vブレーキ用レバーで引いてみました。
そしたら問題なく引けました。ブレーキもロックするまで効きます。引きしろもOK。
けれどレバーのタッチが渋い。使えなくはないけれど・・うーん。
中間の、効くまでのストロークが軽く動かずに重渋いんです。
重要部品&高頻度使用部品だからなぁ。ここは気持ちよく使いたい。

そこでフラットバーロード用ブレーキレバー BL-R780BK に交換したところ
スムーズなタッチに変わりました。たとえばクランプの機構等
レバーとしてはDEOREのほうが作りがいいんだけどな。。

105 の 5800 自体が従来品より引きが重いので影響がでるのでしょう。
少し渋いのを我慢すれば V用ブレーキレバーでも実用にはなります。

リアの変速機構に関しては全く心配していませんでした。
懸案はフロントです。このフレームは直付けディレーラー用で、直付け式の場合
MTB と ロードでは固定ネジの方向が違うのです。



このためフロントは物理的にロード用のディレーラーしか使えません。
直付けでなくバンド式が使えるならここに MTB用を移植すれば
MTB のシフターがそのまま流用できたのに。。

白ロードのように SLR-780 シフターを使うと1万円を超えるから痛いのです。

なんとか安くあげたいと考え、MTB用クランクに 105 の 3速シフターと
フラットバー用3速シフターの中古を組み合わせてみることにしました。

そして結果的に成功しましたが、この組み合わせはかなり調整がシビアですね。
というのはロード用ディレーラーはMTBのそれより支点・力点間が短くて
「てこ」の原理が利かしにくく、フラットバーシフターでこれを引くと
かなり「重く」なってしまいます。

これをワイヤーの張りとディレーラーの位置決めで実用上問題ない重さまで詰め、
正常に変速させるまでが結構面倒。

もし予算が潤沢ならここは2段のロード用クランクと、SLR-780(10s/2s)を
組み合わせるのがベストです。

なんでかというと SLR-780 のフロント用シフターの親指で押す側
=力のいる側のレバーは、今回の SL-R441 をはじめほとんどの
シフターのそれよりも長く作ってあるのです。

つまり「てこ」が効いて軽く押せるというわけ。高いものは違うなぁ...

スタンドは白ロードと同じくBBに付けるタイプにしました

ロードのフレームはシートポストと車輪の間が狭いので、TREK比でこんなにチェーンが余ります

ハンドルまわりも TREK からの移植。
リアは DEORE の10速シフターで SLX ディレーラーを動かします。
こちらは至って正常に動きました。

ファイル 258-1.jpg
(クリックで拡大)

完成です。ロードとMTBの融合バイク。重さは白ロード改より少し軽くて 8kg台
ロード用のパーツを使えば 7Kg 台になりそうです。

完成に要した費用は...

フロントディレーラーFD-5703 3s 1,296円
フロント用シフター SL-R441 3s 1,200円
前後ブレーキ105 BR-5800 7,538円
ブレーキレバー BL-R780 3,970円
スタンド 3,570円
--------------------------------
フレームを除き 17,574円

でした。ちりも積もればなんとやら。


ファイル 258-2.jpg
(クリックで拡大)

これでフラットバーロードが2台になりました。
白がキャノンデール シックス カーボン5、黒(灰メタ)がスーパーシックス EVO。

ファイル 258-3.jpg
(クリックで拡大)

コンポーネント的にMTB派生の黒いほうが頑丈だからタフさを要求されるときは黒、
ロード的軽快さが欲しいときは白ですかね。。
実際の走行感はほとんど一緒で、街中を楽に走れます。


ファイル 258-4.jpg
(クリックで拡大)

軽さが効いてリアホップや両輪ホップも簡単にできます。
いずれ ホイールをフルクラムのレーシング3あたりに換えたらアクセントに白が入っていいかもです。

移植元の TREK は、いまフレームだけになって壁のオブジェ。
これもいずれ使いみちを探したいと思ってます。